So-net無料ブログ作成
検索選択

心療内科診察(アダルトチルドレン) [うつの病状]

今日、心療内科を受診してきました。

パキシル減量による離脱症状はもうしばらくするば落ち着いてくるはずだし、
なんとか我慢できる範囲なら、元に戻さず、減量した1錠のままで様子を見ましょう、ということになりました。
今日も病院の帰り道ふらついたり、体がしびれたりしていたけど、我慢、我慢、我慢。うううーーー[たらーっ(汗)]

それとやっとお医者さんからこの言葉を引き出しました。

アダルトチルドレン

本を読んだりして、多分わたしはこれに該当するのだろうと5年ぐらい前には気がついていたけど、
先生もカウンセラーもなかなかこの言葉を発しなかった。
多分、邪推だけど、そのレッテルを早いうちから私に貼らないようにしていたのだろう。
でもついに今日診察の中でこの言葉が出てきました。

なんかやっとその言葉が先生から聞けてうれしかったかな。すーっとしたっていうか。
なんだ、もっと早く言ってよーとも思ったかな(笑)。

私がうつになったのは、きっかけは職場の上司と合わなかったことがきっかけだけど、
上司はたまたま私が気がつかないように隠していたスイッチを押してしまっただけのことで、
本当の理由は私の中にあって、仕事上のトラブルではないんです。

一応初めて耳にした人への解説、載せておきますね。
アダルトチルドレン【adult children
両親や家庭環境によって子供時代を歪められて成長した人々です。
過剰な期待、過保護、過干渉、無視、精神的虐待、暴力(言葉による暴力)など。
本来であれば、親と子の適度な境界線があって、子供は一人の人間として愛され尊重され成長するものですが、親に呑み込まれたり、または突き放されたり、子供を私有化したり存在を無視してみたりと、一人の人間として十分に尊重されずに子供時代を過ごして大人になった人達です。
こういう家族を機能不全家族といいます。
子供時代の、のびのびとした自由で、楽しいひとときを体験することもなく、そこから獲得される大切な自己信頼感、心の豊かさ、情緒的安定などの能力を十分に得られずに大人になった人達のことをアダルトチルドレンと呼びます。

http://www.office-stella.com/ac.htmlより引用)


私の中では
「私が求めていた両親からの愛情と、両親が与えてくれた愛情に不一致が合った」と整理はついています。
両親は別に愛情を注いでくれなかったわけじゃないけど、それが私が欲しい形の愛情じゃなかった。
仕方がない、子は親を選べないんだし、私はある時から親に自分を理解してもらおうという努力を止めたわけだし。

だけど、今でもどこかで「両親には自分を理解して欲しい、私の望む形で愛して欲しい」という思いが残ってる、後ろ髪ひかれているっていうか。

しかし先生曰く、
「あたなが悪いのではなく、両親があなたの親になるだけの資格(力)がなかったわけだし、
そうわかった以上、親に愛を望むのは止めましょう。適度な距離感を保って親子関係を続けていくのがあなたにとって一番いい環境であると。
もちろん周囲の人や彼氏にそれに代替する愛情を求めるのではなく、自分で自分を愛して、大事にすることが何よりの特効薬であると。」

自分を愛す
自分を大切にする

訓練だな、これは。自分を好き[ハートたち(複数ハート)]になる。
B型なんだらかもともと得意なはずなんだけどなぁ(苦笑)。

アダルトチルドレンの認定に喜んでる場合じゃないぞー[あせあせ(飛び散る汗)]
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(9) 

nice! 2

コメント 4

ゆかち

ゆゆゆさん、こんばんは。
医師に言われたわけではないのですけど、私も自分がACだという自覚があります。何年か前、斎藤学さんのACについての本を読んで、自分の「生きにくさ」の理由は、これだったんだ…と、なんていうか、理由が分かって、ホッとしました。
私の両親も、両親なりの愛情は注いでくれたんだと思いますが、やっぱり、私の望むものと違っていて。
私の母自身も母親の愛情を受けずに育ったらしく、どうやって子どもを愛したらよいのか分からなかったようです。
大人になった今なら、冷静に「しょうがないよね」って思えるし、結婚して離れて暮らしてからは特に、母とは適度な距離で付き合えているのですが。
私の心の中の子どもの部分がどこかできちんと癒されないと、この自信のなさ、自己肯定感のなさは、克服できないのだと思います。
私も、医師や周囲の信頼できる人たちの力を借りながら、自分を信じることができるようになっていきたいと思います。




by ゆかち (2008-06-19 00:12) 

ゆゆゆ

>ゆかちさん
ゆかちさんの「私の心の中の子どもの部分がどこかできちんと癒されないと、この自信のなさ、自己肯定感のなさは、克服できないのだと思います。」すごく理解できます。
私も自分にとても自信が持てないし、嫌われるのが怖いからいつも周りの人たちに合わせて生きてきたので、自分の気持ちを重視して生きていいんだよ、なんて言われても「どうやって??」と疑問符がつきまくりです。
ただ今、自分の気持ちと会話する訓練の日々です。お互い、克服できたらいいですね。
by ゆゆゆ (2008-06-19 08:37) 

kibou-h

自分のことは自分が一番知ってると思います。
だからたぶん自分が嫌いじゃないでしょう。

気長に進んでください。
by kibou-h (2008-06-21 00:43) 

ゆゆゆ

>kibou-hさん
はじめまして。
遠い記憶では「自分大好き人間」だったはずなんです。
(ナルシストとかじゃなくてね)
だからもう一度自分を好きなれる気がしていますよ。
時間がかかるかもしれないけれど。
by ゆゆゆ (2008-06-21 09:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 9

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。