So-net無料ブログ作成
検索選択

心療内科診察(躁うつ病の疑い?) [うつの病状]

今日は2週間に一度の心療内科の受診。

まずは最近の病状をお話。今日は3つ報告。

1)パキシル減量による離脱症状は未だ落ち着かず。状態が緩和している様子はなく、しんどいですぅと。

医師:だったら無理しないで量を元に戻す事は考えられない?
ゆゆゆ:また副作用に悩まされるほうが精神的に辛いし、また量を戻したら薬を止めるときまた同じことを繰り返すなら、今我慢したい。
医師:次はいきなり半分減らすって方法から始めないで、緩やかに減らすっていう方法もあるから、同じ事を繰り返すとは言えないよ。
ゆゆゆ:いえ、がんばります。

というわけで、薬の量は現状維持で。

2)前回の診療で先生の口から「アダルトチルドレン」っていう言葉が聞けてうれしかったと。

医師:ははは、なんだそれ!
ゆゆゆ:今までの診察やカウンセリングの中で一度もこの言葉が出てこなかったけど、
やっと出てきて「認定された!」 ってうれしかったんです。どうして先生たちは言ってくれないんだろうってずっと疑問持ってました。
医師:日本ではアダルトチルドレンを誤った解釈をされるケースが多く、また病気の原因を親にせいにしたままそこに立ち止まって抜け出せなくなってしまう患者が多いので、敢えて使わなかったんですよ。
ゆゆゆ:そうですか。最近は親を責める気持ちはだいぶ無くなってきています。
医師:親を責める時期はあっていいんですよ。ただそこで止まってしまうと回復が難しくなるからね。責める気持ちがなくなってきているのであれば、よくなってきている証拠ですよ。

3)最近未だかつて無いハイテンションの時間が増えて、自分が怖くなると。

ゆゆゆ:もともと元気な頃からハイテンションになることはそうなかったのに、それ以上に高い日が最近増えてきていて自分で自分にブレーキ掛けないと、いくらでも何でもどこまでも出来てしまうときがある。本も3冊、4冊当たり前っていう時もあります。PCに向かっている時間も4~5時間当たり前の日も。
医師:お金を使いすぎてしまったりはない?
ゆゆゆ:あります。平気で10万円単位でポーンと。前はそういう時は躊躇していたけど、それもなく。残高が減っていく通帳見ても怖くない。
医師:寝たいという気持ちは?
ゆゆゆ:最近眠りが浅くて寝せてくれって思います。でも眠れなかったり、眠りが浅い場合が多いです。

(・・・これ以外にもいくつか質問受ける)

医師:躁うつ病を視野に入れる必要がありそうだね。
躁うつ病なら躁状態のときは寝なくても平気、となるから今の段階では特定できないし、
今までの診療の中での話を加味すると、可能性は低いと思うけど。
抗うつ剤減量の一過性の症状とも考えられるし、何とも言えないな。
でもテンションがあがりすぎている時は自分にブレーキ掛けるように気をつけて生活してください。要経過観察ね。


と、他にも先生とは色々話したけど、要約するとこんな感じ。
それにしても思っても無い言葉が初登場[どんっ(衝撃)]

躁うつ病

とりあえず、調子が上がりすぎているときは、自分を抑えながら生活するとしよう。
って言いきかせた病院の帰り道に本屋さんに立ち寄り、1万円分ぐらい本を買ってしまった・・・。
いつ読むんですかぁ?ほんとに読むんですかぁ?って聞きたくなるような量。
家には図書館から借りてきた本もあるくせに。

なにやってんだかなぁーーーーー[ふらふら]

今も頭が気持ちが冴えざえしていて、なんか自分が気持ち悪いです[たらーっ(汗)]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。