So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2008年06月 |2008年07月 ブログトップ
前の10件 | -

八方美人との決別 [Voice of My Heart]

今まで自分で自分に「私は八方美人」とレッテルを貼るのを避けてきたけど、やっぱり私は八方美人なんだと思う。
誰にだっていい顔して、誰にだって話を合わせてしまう自分。しかも自分の感情を殺して。

この4~5年、仕事そのものや職場の個性的なメンバー、お付き合いしてくれた元・彼がいてくれたお陰で
たくさんの色々な世界を、物事を、経験させてもらい、見させてもらってきた。
それらは私にとって大きな財産であり、日々の楽しみと化しているものもたくさんある。

でもそれが一方で私のあだとなる。そう、話の引き出しが増えてしまった。
引き出しというと大袈裟かもしれない。まぁ言ってみれば話のネタが色々な切り口でそこそこある。

そうなるとどうなるか・・・誰とでも何かしらの切り口で話せるようになってしまった。
仕事のときはそうであればある程メリットは多いけれど、ことプライベートとなると・・・。

生理的に受け付けないと思う人、この人とは仲良くなれないな、と勘が、感情が、右脳が反応している人とでも
「誰にでもいい顔しちゃう自分」が現れて、「人から嫌われたくない自分」が主張し始めて
相手の持っている引き出しに合わせて自分を合わせてしまう。話をあわせてしまう。

「私もそれ、興味あるんですよ。今度ゆっくり教えてくださいね」
 とか
「私もそれ好きなんです。いいですよね~」
みたいに。
 
でもそれをすればするほど、私を苦しくさせる。
「あー、また相手に話し合わせてるなー。疲れる。」って。

だから、八方美人を止めようと決意。八方美人、返上してやるっ!

自分の気持ちを第一に、無理に相手に合わせない。自分を絶対に安売りしない。
八方美人は仕事上での武器として使い、プライベートではわがまま過ぎるくらいでいいんだ。
自分の感情を大切にすることが今の一番の私の課題なんだから。

いいんだよね??それで。。。

nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

離脱症状、落ち着かず [うつの病状]

ほんと、嫌になってくる。
なんだってまだこんなに離脱症状に苦しまないといけないんだって。

抗うつ剤を飲み始めたとき、お医者さんは一言も言ってくれなかった、
止めるのが大変な薬」だなんて。

もとの量に戻したくて、戻したくて、自分との葛藤・・・悪魔のささやき。
「もう1錠飲めば楽になれるよ」って。

でも戻したらまた副作用に襲われて、その辛さで自分が自分でなくなるのが怖い。

なんかもう打つ手なし、八方塞がりって感じの閉塞感。薬に振り回される毎日が正直疲れる。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ありがとうを言える日 [Voice of My Heart]

今日、ふと思いました。

「うつにありがとうと言える日が来たらいいな」

うつになってからというもの、

今までフタをして見ないようにしてきたものを見なくちゃいけなかったり、

自分の本当の気持ちってどこにあるんだって自問自答の日々を繰り返して、

自分の愛し方、自分を大切にするってどうやるんだって無い知恵しぼって、

家族って一体なんなんだって、いつになっても出そうにない答えを探して、

闘っている毎日。

つらい毎日だけど、気づかされたことが多いのも事実。

失ったものはほとんど無くて、多分得るもののほうが多いんじゃないんだろうか。

まだまだ闘いの途中、決着はついていないけど、時々息切れするけど、

なんとなく、なんとなく、

私の中の「うつ子ちゃん」に「たくさんのことを気が付かせてくれてありがとう」と言えたらいいなと、ふと思いました。

その日が近いことを祈りつつ・・・。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

風邪をひくようなもの [Voice of My Heart]

よく言います、「うつは心が風邪をひくようなもの」と。

でも、これってよく考えると2つの解釈があると思いませんか?

1:うつは風邪みたいなもので簡単に治る病気

2:うつは誰もが風邪をひく可能性があるように、うつも誰でもかかる可能性がある


1と2では大きく解釈が変わってきますよね。

私の母は、うつに関して1の解釈をしていて、私によく言います。
「うつは心の風邪っていうから、必ず治るから」と。

だけど、うつになったことがある人なら誰でも解ると思うのですが、
うつは風邪なんて呼べるほど、そんな生易しい病気ではない。
風邪は肺炎にでもならない限り、生命は脅かしません。
でも、うつは生命を脅かします。
人に元来備わっている生きることに必要な欲という欲をすべてそぎ落とします。
食欲、睡眠欲、性欲、etc...
生きたいという気持ちが限りなく低くなり、死にたい気持ちと日々戦ったり、
死までは考えないでも、自暴自棄になったり、自分の存在が不確かなものになったり。

これは風邪とはいえないですよね。

だから「うつは心の風邪」といい始めた人は、当然だけど2の意味で言っていて、1ではないのだろうけど。

でも世の中的にはどうなんだろう・・・やっぱり1の解釈をしている人がたくさんいるんじゃないかなぁ。
うつに対する理解が浸透しないのは、1の解釈をしている人が多いから、
「うつはなまけ病」的な捕らえ方、理解しかしない人が多いのではないかなぁ。

他にうつを形容するいい言い方はないかなぁ、とふと思いました。
うつは風邪とイコールな病気では決してないから。

うつに効く曲[2] [うつに効くSongs]

では、2曲目の紹介!

【曲名】花-Memento Mori- (アルバム「深海」に収録)

アーティストMr.Children

【ぐっと心にくる歌詞
甘えるように 寄り添うように 孤独を分け合うように
等身大の自分だって きっと愛せるから

【補足】
等身大の自分、、、まだ輪郭さえもつかめていないけれど
心にそっと寄り添ってくれるような曲です。


深海

深海




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

心療内科診察(アダルトチルドレン) [うつの病状]

今日、心療内科を受診してきました。

パキシル減量による離脱症状はもうしばらくするば落ち着いてくるはずだし、
なんとか我慢できる範囲なら、元に戻さず、減量した1錠のままで様子を見ましょう、ということになりました。
今日も病院の帰り道ふらついたり、体がしびれたりしていたけど、我慢、我慢、我慢。うううーーー[たらーっ(汗)]

それとやっとお医者さんからこの言葉を引き出しました。

アダルトチルドレン

本を読んだりして、多分わたしはこれに該当するのだろうと5年ぐらい前には気がついていたけど、
先生もカウンセラーもなかなかこの言葉を発しなかった。
多分、邪推だけど、そのレッテルを早いうちから私に貼らないようにしていたのだろう。
でもついに今日診察の中でこの言葉が出てきました。

なんかやっとその言葉が先生から聞けてうれしかったかな。すーっとしたっていうか。
なんだ、もっと早く言ってよーとも思ったかな(笑)。

私がうつになったのは、きっかけは職場の上司と合わなかったことがきっかけだけど、
上司はたまたま私が気がつかないように隠していたスイッチを押してしまっただけのことで、
本当の理由は私の中にあって、仕事上のトラブルではないんです。

一応初めて耳にした人への解説、載せておきますね。
アダルトチルドレン【adult children
両親や家庭環境によって子供時代を歪められて成長した人々です。
過剰な期待、過保護、過干渉、無視、精神的虐待、暴力(言葉による暴力)など。
本来であれば、親と子の適度な境界線があって、子供は一人の人間として愛され尊重され成長するものですが、親に呑み込まれたり、または突き放されたり、子供を私有化したり存在を無視してみたりと、一人の人間として十分に尊重されずに子供時代を過ごして大人になった人達です。
こういう家族を機能不全家族といいます。
子供時代の、のびのびとした自由で、楽しいひとときを体験することもなく、そこから獲得される大切な自己信頼感、心の豊かさ、情緒的安定などの能力を十分に得られずに大人になった人達のことをアダルトチルドレンと呼びます。

http://www.office-stella.com/ac.htmlより引用)


私の中では
「私が求めていた両親からの愛情と、両親が与えてくれた愛情に不一致が合った」と整理はついています。
両親は別に愛情を注いでくれなかったわけじゃないけど、それが私が欲しい形の愛情じゃなかった。
仕方がない、子は親を選べないんだし、私はある時から親に自分を理解してもらおうという努力を止めたわけだし。

だけど、今でもどこかで「両親には自分を理解して欲しい、私の望む形で愛して欲しい」という思いが残ってる、後ろ髪ひかれているっていうか。

しかし先生曰く、
「あたなが悪いのではなく、両親があなたの親になるだけの資格(力)がなかったわけだし、
そうわかった以上、親に愛を望むのは止めましょう。適度な距離感を保って親子関係を続けていくのがあなたにとって一番いい環境であると。
もちろん周囲の人や彼氏にそれに代替する愛情を求めるのではなく、自分で自分を愛して、大事にすることが何よりの特効薬であると。」

自分を愛す
自分を大切にする

訓練だな、これは。自分を好き[ハートたち(複数ハート)]になる。
B型なんだらかもともと得意なはずなんだけどなぁ(苦笑)。

アダルトチルドレンの認定に喜んでる場合じゃないぞー[あせあせ(飛び散る汗)]
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(9) 
共通テーマ:日記・雑感

しんどい日々 [うつの病状]

パキシルの減量によってこの2週間とにかくしんどかった。

全身のしびれ・頭痛・吐き気・めまい・耳鳴り・・・

今日はまぁまぁの体調だったけど、低空飛行なのには違わない。
断続的につづく離脱症状。
麻薬中毒みたい。
説明書によれば「2週間ほどで軽快」ってあるけど。

明日は心療内科へ通院。先生と話せばきっとすこし気持ちが楽になるでしょう。

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

うつに効く曲[1] [うつに効くSongs]

うつうつとした日々を歌で吹き飛ばせ、ってな訳で
うつで傷ついた心に染みる曲を少しずつみなさんと共有できればと思っています。

ご覧になった方も、もし素敵な歌をご存知でしたら、ご紹介ください[exclamation]

さっそく1曲目。

【曲名】Everything

アーティストEXILE

【ぐっと心にくる歌詞
悲しいことがあっても 苦しくたって結局 最後にはたどりつく 目指してた場所へと
予定通りにいかない毎日でも 生きてるだけで 君は宝物さ

【補足】
EXILEの曲はアップテンポだから、パワーがないと聞けないけれど、
この歌詞にはすごく助けられる。


Everything (DVD付)

Everything (DVD付)

  • アーティスト: EXILE,ATSUSHI,Michico,h-wonder,大野裕一,T.KURA
  • 出版社/メーカー: エイベックス・マーケティング
  • 発売日: 2006/12/06
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

寂しい時は? [Voice of My Heart]

夕べはまた寂しさに気がついてしまい、そこからがとても不安定だった。

わたしの最大の敵は「寂しさ」。

寂しいことに気がつくと、どうしようもない不安に襲われ、自分を自分でどうにかしたくなってしまう。
(未だかつて自分で自分を傷つけたことはないけれど)
「人は一人じゃないんだよ」って良く聞くけど、本当にそうなんだろうか。
多分そうなんだろうけど、まだこの言葉を信じ切れていない。

今までとってきた寂しさに気がつかない方法。
1:とにかく平日は限界まで働いて、家に帰ってきたら寝るだけの状態を意図的に作る
2:週末はなるべく予定を入れる。予定がないときは、ひたすら寝る

つまりは自分と向き合う時間をとにかく作らない作戦。

もし万が一寂しさに気がついたら、やっぱり寝る。眠れなくても無理やり寝る。
寝てしまえば寂しさを忘れられるし、時間が過ぎて明日が来る。

でも本当は寂しいときは「寂しいんだよぉーーー」って誰かに叫びたい。
昨日も何度となく誰かに電話して、ぎゃーって叫んで、泣いてしまおうかと思った。そう何度も。

だけど結局しなかった。
「電話に出てくれなかったらもっと寂しくなる」
とか
「こんな時間に電話して取り乱したら迷惑だよね」
って考えて、結局我慢をした。睡眠薬飲んで寝た。

本当は誰かの前で泣いて、ぐちゃぐちゃになって、自分の気持ちをぶつけたい「寂しいんだよー、つらいんだよー」って。
ぶつけたいのにいつも気持ちにブレーキがかかる。
そんな自分、今までほとんどの人に見せたことがないから。
見せられた人は困っちゃうだろうなって思うから。

自分の気持ちをぶつけたら、楽になれるって知ってる。解ってる。

でも怖くてそんなことできない。

きっと世の中の誰だってこういう時があるはず。みんなどうやって解消しているんだろう?不思議。
自分の居場所がどこかにあるから、こんな気持ちに気がつくことはないんだろうか?

「自分と向き合う時間をとにかく作らない作戦」は破綻しているって知っているから、
これから先どうやってこの寂しさに気がついた時を過ごしていったらいいんだろう。
やっぱり寝てしまう以外に方法はない?
小手先の方法、例えばTVを見るとか、音楽を聴くとかでは、その気持ちを忘れるのは120%無理。

突然この世に自分の居場所がないような借りてきた猫のような気分になった時はどうしたらいいんだろう。
誰か教えてください。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日はダメダメday [うつの病状]

予想通り今日は不調です。
目覚めも最悪。
たいていこういう日は、脳も体も起きているけれど、まぶたを、目を開けたくない。

お天気のせいもあるかなぁ・・・。
東京はしとしと雨が降っていて、でも窓から吹く風はひんやりしていて気持ちいい。

頭は痛いし、気分はどよーんとしているし。
何かできそうで、できないくらいのパワー残量。
軽く何か食べたら、またベッドに逆戻りしそう。

夕べ見たDVDも影響しているのかも、気持ちに。
それとも昨日ジムでpushしすぎたかな?単純に疲れが残っているだけ?

こういう日もあるさ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -
-|2008年06月 |2008年07月 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。